読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽気なギャングが地球を回す

 

 伊坂幸太郎の中で一番面白いと思った作品がこういう形で映画になったのが残念。小説なら分かりにくいところは読み返せるけれど、映画だと頭で理解しそこなったら前に戻って見かえすことができない。なので、小説を2回読んでいた僕でさえ、映画ではいくつかの場面で意味をつかみ損ねた。あの小説の面白さが映画でうまく再現できていない。唯一、佐藤浩一の演技だけはよかった。