読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

閣僚の不始末

安倍内閣閣僚の辞任騒動も少し落ち着いた感はあるけれど、誰もが思ったのは、「なぜ新閣僚になった途端にマスコミは不正を報道するのだろう」ということだと思う。ただの議員のときに取材してて、閣僚になったタイミングを待っているのだろうか。それとも、新閣僚になったときにあら捜しするのだろうか。

法令順守や倫理を問題にするのなら、閣僚だろうがただの議員だろうが同じはずで、そもそも議員が政治資金の流用や寄付行為をしないよう恒常的に調査する機関を設ければいいと思う。

うちわやカレンダーを配って、それが問題だとしても、もらった人は誰も文句言ってないのは、結局、「それくらいいいんじゃない。大目にみようよ。政治家の仕事をちゃんとしてくれたら構わないから」とか「政治家ってそういうもんだよ。目くじら立ててもしょうがない」と達観しているのか、そんなところだろう。

政策を議論する国会、政策に意見を言う報道機関があるべき姿だよね。