読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忍者月輪

読売新聞連載が終わった。作者は津本陽。

信長や秀吉、光秀とかはさすがに分かるけど、たくさん出てくる武将たちの名前を覚えきれず、誰が誰の仲間で誰が誰の敵なのかきちんと理解してないまま、でも、そういうのを気にせず読んでたらそれはそれで面白かった。

ただ、作品の途中から出てきた蕨手は、伝兵衛を騙して仲間になったフリをして、あとできっと裏切るだろうと思っていた予想が外れた。それなら蕨手は登場させなくてもよかったんじゃないかと思う。強力な味方を手に入れて順風満帆に事が進むより、東衛門(だっけ?)ともう一人の部下(名前忘れた)の3人のチームで困難な仕事をやってたほうがストーリー的にはいいと思うのだが…。

深井国の挿絵はパッと見は地味だけど、よく見ると構図やデフォルメが確実で(って、「確実」という言い方をしてしまうところが、つまりは「地味」と思わせるところなんだが)、「地味」というよりは「渋い」に近いところの絵だなあと思って見ていた。近年の村上豊の絵(一時、とても好きな時期があった)よりいいと思う。もちろん、二人ともツボに入った回の挿絵はすごかった。たまにホームランが出る。