君たちはどう生きるか

f:id:ju-ichi02:20180108215201j:image

このタイトルでこの絵柄だったら、ひねくれ者のオジサンとしては、中身がどうだか分からないうちから読む気はなくなっている。

どう生きるのか真剣に考えるのが怖いからだ。

たから、そんなドストレートに訊かないでほしい。

星野仙一死去

4日。70歳で。

たぶん、一生懸命な人には、厳しく、そして優しかったのだろうと思う。

もしも僕が野球選手だったなら、自チームの監督にはなってほしくなかっただろう。

ご冥福をお祈りしたい。

黒塗りはNGなのか

「笑ってはいけない」浜田の黒塗りメイクが物議 黒人作家が語った不安(ハフポスト日本版) https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180103-00010000-huffpost-soci

普通の日本人はただのギャグにしか思わないのに、国際基準(たぶん欧米基準だろうけど)では人種差別らしい。

世界基準(皮肉で言ってますが)を知らない我々は恥じるべきなのでしょうが(イヤミで言ってます)、日本人の感覚を世界に知っていただきたい(あえてへりくだっていますが)という気が少なからずあります。

もちろん、悪意のない行為であっても人を傷つけるのであれば、それはやっちゃいけないことではあるのですが。

がんばれ、安田章大

f:id:ju-ichi02:20180102223242j:image

錦戸亮クドカンのドラマでがんばってた。渋谷すばるはジャニーズ臭のない映画でいい味出してた。村上信五マツコ・デラックスと組んでバラエティー番組で活躍している(ようだ)。大倉忠義は鳥貴族?の御曹司って聞いたことがある。横山裕丸山隆平も何度かテレビで見た。

けど、安田章大って誰?

なまえ、しょうだい?あきひろ?

グループの人気が出るほどツラくなるんだろうなあ。

けど、がんばれ安田あきひろ?

第62回有馬記念

f:id:ju-ichi02:20171226230014j:image

お袋の誕生日の数字で3連単を500円買った。当たれば600万だったけれど、もちろん外れた。たまに、ばかばかしくも夢の見れる馬券を買うと、外れても気分はいい。

池上彰がいつも正しい訳じゃない

f:id:ju-ichi02:20171222222828j:image

たしかにこの日(12月16日)の朝日新聞1面には、僕も驚いた。ただ、理由は池上さんとは真反対だった。

新聞の紙面は全国同じじゃなくて、大きなニュースが入ってくるとどんどん差し替えていく。配達時間の関係で、早く刷った版が届く地域とあとから差し替え版が届く地域では紙面が違うらしいから、池上さんと僕が見た朝日の1面は違っている。

僕が見た1面は、一番目立つところに「内密出産」の記事が載っていて、その次に目立つところに「ABC予想」が載っていた。

僕の感想を言おう。「内密出産」の記事は、せいぜい社会面に載せておけばいい。なんで「ABC予想」が一番目立つところに載ってないのだ?! 「フェルマーの最終定理」や「ポアンカレ予想」の証明に匹敵するほどの快挙は、なにがなんでも1面大トップでしょう。

池上さんは「ABC予想」がなんなのかの説明にも「全く理解できない」とあきれる。「ABC予想は、整数の性質を研究する整数論の難問で、85年に提示された。整数aと整数bの和がcのときに成立する特別な関係を示す」という解説に「何のこっちゃ」と批判している。でも、その解説のすぐ下に、数式を使ってちゃんと説明していることには触れない。たしかに数式を使った説明を読んでも、「何のこっちゃ」が「なんとなく分かる」くらいに変わるくらいのものではあるけど、記事を全部読めば、少なくとも、今回の証明が「偉業」と呼べるくらいの出来事であることは伝わる。

池上さんは、自分の理解できないこと、自分が興味ないことには、そのことの重大性を正当に評価できなくなってきたのではないかと、僕は危惧する。物知りのオヤジだったのがだんだんガンコジジイになっていく過程なのではないかと思う。人は誰しも老いる。

 

横綱の品格

別に横綱でなくても、平幕だって同じことだけど、一分間も駄々をこねる力士なんて見たくない。

相撲はスポーツであってスポーツではない。神事というのは言い過ぎにしても、少なくともスポーツと言い切りたくはない。だから力士を「選手」とは誰も呼ばない。

力士は潔くなくてはならない。仮に軍配が間違っていたとしても、それを飲み込むのが「力士」なんだと思う。そういう一見理不尽なことも含めて、相撲なんだと思う。

 

吉永小百合さん、いいこと言う。

f:id:ju-ichi02:20171113000412j:image

真珠湾攻撃を正当化する気もないし、唯一の被曝国と声高に叫ぶ気もないけれど、吉永小百合さんのこの発言はちょっとスッキリする。

柳喬之

新聞に紹介されていた「笑×演」のマグネッツがおもしろそうだったので、YouTubeで見た。

柳喬之がすばらしくイイ。本来は役者さんらしいが、芸人顔負けのうまさ、というより芸人以上に芸がうまい。

本業じゃなくてこのレベルだったら、本業の役者をやらしたらどのくらいなんだろう。もしも僕が演出家(映画とかテレビとか舞台とかの)だったら、ぜひ役者として使ってみたくなる。きっとブレークすると思うのだが。

世にも奇妙な物語´17秋の特別編

今回は(今回も、と言いたいとこだかガマンして、「今回は」)駄作ばかり。まだしもマシだったのは「夜の声」。藤原竜也はあいかわらず役者としては好きではないが、飯豊まりえ(クレジットを見るまでは彼女だとは気づかなかったけど)はカワイいく、ストーリーも他の作品に比べればよかったほうだ。

ただし、なんで若い女の子がホームレスを好きになったかとか(まさかヤクザから匿ってくれたためとか?)、主人公がホームレスのときに自分が社長だと教えればうまくいくのにだとか(一応、本当のことを教えようとするシーンはあって、それがちゃんとできないことの伏線も張ってはあったけど)、しっくりこないところがあって、そこを視聴者にうまく納得させることができれば、「まだしもマシ」からただの「マシ」にはなっていただろう。

原作が手塚治虫とあってちょっと驚いた。原作と比べてみたいものだ。