大橋巨泉死去

僕が子どものころ有名だった大人がどんどん死んでいく。大人になった僕から見たら、彼らと僕はそれほど歳が離れていない。僕が時間を浪費していた若いころ、彼らはすでに何者かになっていた。僕は一億分の一のまま死んでいくに違いない。