読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沈黙法廷

西日本新聞で読んでいた佐々木譲の連載小説が終わった。

真犯人が捕まるまで続くのかと思っていたら、おそくらコイツが真犯人だろうと読者に分からせるところで終わった。真犯人が誰かというのは、この小説には関係ないことなのだ。

NHKがドラマ化するとしたら、水野美紀が主人公の女性(ああ、もうすでに名前を思い出せない。山本なんとかだった気がするけれど、たしかじゃない。)を演じるような気がする。

あ、感想は、「おもしろかった」。