読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駆け込み女と駆け出し男

 

 

ちゃんと作ってある映画を久しぶりに観た気がする。

大泉洋の演技はいつも同じだけど、それに飽きることがない。おいしいものは何度食べてもおいしいものだから(そこが山田孝之との違いである)。
脚本も演出もしっかりしてる。読んでないけど原作もしっかり作りこんであろうことが想像できる。(だからだろうけれど、隠れキリシタンのエピソードは詰め込み過ぎと思う)
と、褒めるだけ褒めといてナンですが、映画の格としてはあきらかにB級です。大作でも芸術作品でも感動作でもなく、エンターテイメント(娯楽作品)を真面目に一所懸命に作ったものです。作る側がふざけたり自己満足的だったりしたら、こんないい映画はできません。