読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

窓の魚

 

窓の魚 (新潮文庫)

窓の魚 (新潮文庫)

 

 

『漁港の肉子ちゃん』とは違ってゆっくり静かに話がすすむ。同じ場面を4人それぞれの視点から何回も描き分け、4人とは別のチョイ役と思われていた人物たちの一人語りが挿入される。

思わせぶりないくつかの謎も残る。
特別面白いわけでも、面白くないわけでもない。ただ、西加奈子の別の作品を読んでみたい気持ちがある。