読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉桜の季節に君を想うということ

 

葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)

葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)

 

 

犯人が探偵を欺くのではなく、作者が読者を欺く作品である。そういう意味では、「弁護側の証人」や「イニシエーション・ラブ」も同じ範疇に入る。

ただ、本作は、そのへんはどちらかというとオマケみたいなもので、本筋は本筋で別にある。なので、主人公らが老人だったというオチがなくても、面白い作品になっただろう。