燃えよ剣

どこまでが史実や事実で、どこからが創造や想像なのか分からないが、これを読んだら土方歳三沖田総司を好きにならずにはいられなくなります。