記憶の渚にて

西日本新聞連載の白石一文の小説。思わせぶりな展開は村上春樹みたいだと思ってたら、最後はナウシカみたいな少女がでてきてなんじゃこりゃ、でした。