読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コインロッカー・ベイビーズ

 

新装版 コインロッカー・ベイビーズ (講談社文庫)

新装版 コインロッカー・ベイビーズ (講談社文庫)

 

 

限りなく透明に近いブルー』は読んだはずだがほとんど記憶になく、たぶんそのとき、「村上龍はもう読まなくていい」と思ったのだろう、それっきりになっていたのに、今回、これを読んだのは、またしても又吉が薦めていたから。

それに、又吉の『火花』が芥川賞を受賞したときの村上龍の審査員講評が、同作を読んだ僕の、モヤモヤとした気分だか感想だかを言い当てでもしたように、ちゃんとした言葉で表してるのに感心したからでもある。
 
金原ひとみが解説を書いている。僕が感想を書こうとしてもただ「面白かった」だけしか思い浮かばないが、作家や評論家はいろいろなことを書く。でも、作品の中にそんなに「意味」を求めなければならないのだろうか。「意味」を探すのに疲れたり、見つけた「意味」に価値がなかったらどうするのだろう。
 
いずれにせよ、帯で又吉が言っているように「傑作」ではある。