読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

火花

book
今までイッキ読みというものをほとんどしたことがない私にイッキ読みさせたのだから、面白いことは面白い。
神谷の言動は彼の笑いに対する哲学あるいは思想であって、これが徳永や我々読者を魅了する。そして、神谷と徳永の会話は漫才の掛け合いのようなおかしみがある。
だけど、これが芥川賞に見合う作品かというと、採点がちょっと甘かったように思える。お笑いという、又吉が最も得意な世界から離れたところで、今回以上のモノを作り出せるかが、次の課題だろう。