読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何もかも憂鬱な夜に

 

何もかも憂鬱な夜に (集英社文庫)

何もかも憂鬱な夜に (集英社文庫)

 

 

いまをときめく芥川賞作家ピース又吉の解説付きというのがお得感。

中村文則の(たぶん)初期作品をいくつか読んできて思うのは、いつでも直球勝負だということ。いまさらそんなのダサイと本人は思わないのだろうか不思議だったのだが、又吉曰く、「中村文則という稀有な作家はこれ以上掘り進めることはできないと多くの人が諦観するなか、鋭く研ぎ澄まされた鍬を垂直に強く振り下ろし続けていた」ということなのだろう。