読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アトミック・ボックス

毎日新聞の連載小説「アトミック・ボックス」が先日、最終回を迎えた。

新聞小説が終わるときはいつも、「あれ?もう終わり?」と思う。今回も、振り返ってみれば、主人公が大手雄一郎と議論(?)したところがクライマックスだっと分かるけれど、そのときは、「まだまだこれから一波乱あるんでしょ?」と思っていた。本だったら、残りのページで自分がいま小説のどこらへんを読んでいるか分かるのだが、新聞小説ではいつ終わりがくるのか分からない。