読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海と月の迷路、だから荒野

最近終了した新聞連載小説。毎日新聞の大沢在昌「海と月の迷路」と桐野夏生「だから荒野」。
職場でとってる新聞で読むのでタダで読めた。とは言っても、面白くない小説を無理に読むことはない。新刊や文庫を買うのに躊躇いがある作家をためしに読むのに新聞小説は都合がいい。
「海〜」はまずまず。「だから〜」はイマイチ。途中で読むのを止めずに「完」まで読んだんだから、まあまあと言えなくもない。大沢在昌は「新宿鮫」があまりにも有名すぎるので、ほかの作品を買ってまで読む気はしない。
桐野夏生は「OUT」がどっかの国のなんとかという賞を獲ったので読んでみようかと思ったけど、たしか文庫で上下巻モノだったので悩んだ挙句、買うのをやめた。上下巻とか上中下巻とかは、全部買ってしまってたとえば上巻でくじけたら、下巻とかが無駄買いになってしまうので買うのに勇気が要る。ということで、昔、朝日新聞のやはり連載小説で「豚バラ」、もとい、「メタボラ」でためし読みをし、今回、またもためし読みを実行したのだけど、「メタボラ」より点数は低く評価しないといけないだろう。だから「OUT」を買うことはないだろう。